【アート】YouTube動画紹介

YouTube

みなさんは普段、アートに触れる機会はありますか?絵画や彫刻など、様々な分野がありますよね。

世界的に有名な素晴らしい作品は、美術館に展示されていたりするため、美術館に行かないと、なかなか見ることができません。

YouTubeには、様々なアート作品の制作過程動画をアップロードしているクリエイターがいます。

今回は、芸術的な作品を制作している動画を紹介していきます。

ネイルアート


ミジェルネイルMigel NailSnow crystal & flower nailart 雪の結晶&フラワーネイルアート

ネイルチップという、いわゆる「付け爪」にアートをほどこしていく動画です。つやつやとした、鮮やかなネイルがとても美しいデザインです。動画はBGMのみで、製作者の声などは入っていません。

ネイルチップという小さな場所に、濃淡を付けてベースをぬり、様々な種類の筆を使って花を描いています。

ものすごく注意力のいる作業だと思いますが、ネイルサロンというところに行くと、施術している間は集中してはいるものの、とても楽しそうに施術しているので、ネイルアートを心から楽しんでいるのが伝わってきます。

実際にネイルアートをしていく前や、作業工程で使うものが変わる時に、道具を画面にアップで見せてくれます

こちらのチャンネルは、福岡県でネイルサロンを営業しているmioさんが運営しています。ネイルアートのデザインの紹介動画がメインです。フラワー系のデザインや、ニュアンスカラー(曖昧な色合いのこと)ネイルが得意だそうです。

「100均の材料のみでできるアート」、「自分で簡単にできるアート」、「季節にあったデザインを紹介しているもの」、「3Dデザイン」など、ネイルアート動画をアップロードしているチャンネルは数多くあります。

おしゃれなデザインや、奇抜なデザイン、シックで大人なデザインなど、様々な作品に触れることができます。その時々によって流行りのデザインや、使われる道具、素材なども違うので、ネイルができない方でも、見ているだけで楽しめます

スクラッチアート


YumenoArtTV【夏アート】花火をスクラッチアートで描こうwithサクラクレパス /How to draw fireworks with oil pastels! [DIY Scratch Art]

スクラッチアートとは、黒い面を削ると下に色鮮やかな色が隠れているため、削った線がカラフルになるというものです。

最近では、100均や本屋さんなど、様々なところでスクラッチアートのキットが売られています。黒い面にあらかじめガイドとなる線が描いてあるものもあり、ガイドの線を削るだけで、簡単にスクラッチアートを楽しむことが可能です。

こちらの動画では、あらかじめ用意されたキットではなく、色とりどりの「サクラクレパス」でおよその位置ぬり、削られた後に見える下の色を自分で準備しています

花火や海の色をぬった後、「クレパスワニス」というスプレーを吹きかけ、クレパスを紙に定着させています。スプレーはなくても大丈夫ですが、このスプレーを吹きかけることで、削る工程の時に、より色が鮮やかにでるようになっています。

削るための色は、黒だけではなく青や紫のクレパスも使用しています。下の色がおおよそ隠れるくらいの塗り具合で大丈夫そうです。

こちらのチャンネルは、スクラッチアートの他に、オイルクレパスやソフトクレパス、色鉛筆を使ったイラストを描いている様子を動画にし、アップロードしています。

水彩などで絵を描かないのは、画材が少なくて済むためだそうです。クレパスのみでスクラッチアートができるので、お子様でも楽しめそうですね。

スプレーアート


スプレーアートエデン【3Dスプレーアート】立体的な地球描いてみた!

こちらの動画では、スプレーを使って地球を描いています。丸い紙に地球を作り、四角い紙にも色をぬって背景にしています。

動画を見ると、一見かなり適当に様々な色のスプレーを吹きかけているように見えますが、ものすごく美しい色合いで地球が作られていきます。

スプレーという性質上、全く同じものは二度作れないので、そこもアートの醍醐味なのかなと思います。

イラストに直接火を付けたりもしているので、エンターテイメント性にあふれていて、ぜひ目の前でスプレーアートのパフォーマンスを見てみたいですね。ちなみに、火を付けるのは見た目が映えるという理由ではなく、スプレーをすぐに乾かすためだそうです。

こちらのチャンネルでは、スプレーアートを制作している動画や、旅動画、国際結婚に関する動画をアップロードしており、最近では、大人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターをスプレーで描いたイラストを制作している動画が人気です。

美容室からの依頼で、美容室の壁にスプレーアートを描いたり、様々な場所でスプレーアートのパフォーマンスをしているところを見ることができます。

イラストは販売もしていますが、定期的にイラストのプレゼント企画なども行っているので、スプレーアートに興味を持った方は活動を追ってみるのもいいと思います。

アルコールインクアート


freexbisouAlcohol Ink Art/アルコールインクアート

アルコールインクアートとは、アルコールインクとアルコールを垂らすことで発生するインクの広がりやにじみを利用して作るアートのことです。

動画では、ドライヤーの温風を使ってインクを広げ、乾かしながら制作しています。

おしゃれな色合いの中に、更に金色を混ぜることで、とてもおしゃれなアートになっています。額縁に入れて飾っておきたいですね。

こちらのチャンネルは、まだあまりコンテンツが多くないですが、アルコールインクアートの制作風景や、旅行の動画をVlog形式でアップロードしています。

制作した作品を販売しており、サイズによって値段が変わります。サイズ違いや色合いの要望を伝えると、希望に沿った作品を作成してくれるようです。

アルコールインクアートはユポ紙に行うのが一般的ですが、ユポ紙ではなくても、可能です。

ユポ紙
選挙ポスターなど、水にぬれる機会の多いものに使われることが多く、破れにくいので、アルコールインクアートに最も適しています。
選挙権のある方なら一度は触ったことのある、選挙の投票用紙にも使われているんですよ。

空箱アート


空箱職人はるきる HARUKIRUハーゲンダッツの空箱で工作しました!Made of Häagen-Dazs package

アイスクリーム、ハーゲンダッツの空箱を使ってアート作品を作っています。元々がハーゲンダッツの箱だったという特徴を残しつつ、オリジナルの作品を作成しているのが良いですね。

作品は全て、そのお菓子のパッケージの雰囲気に合ったものになっており、世界観が素晴らしいとSNSでも人気を博しています。

作成にとてつもなく時間がかかっていそうですが、ほとんどの動画が3~5分程度なので、次々に見てしまいます。

動画のアップロード頻度は高くないですが、空箱工作に興味のある方は、動画を視聴しながら、挑戦してみるのもいいかもしれません。

はるきるさんは2019年10月に「お菓子の箱でつくる夢の世界展」という個展も行っており、2万人もの人たちが作品をひと目見ようと来場しました。

お菓子だけではなく、豆乳のパッケージや、コーヒー、ほんだしなど、様々な箱で作品を制作しています。

次は何の空箱から作品が生まれるのかとワクワクしてしまいますね。

まとめ

YouTubeでは、ここで紹介しきれないほどの、アート作品の制作過程を沢山見ることができます。

日本ではまだ主流ではないアート作品も、海外のアーティストが動画をアップロードしていたら、自分もやってみようという原動力やヒントになると思います。

製作者のことが知れたり、制作の過程が見られるなど、美術館にはない良さがあると思います。見ているだけでも楽しめるので、ぜひYouTubeでアート作品に触れ、お気に入りの動画を探してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました