【ダンボール】ショルダーバッグをダンボールから作り上げる!?

YouTube

YouTubeにはハンドメイド動画が沢山あります。
ピアス・ネックレスなどのアクセサリーや、昨今の状況からマスクやマスクケース、レジ袋の有料化の影響でエコバッグを作る動画も増えました。

今回はショルダーバッグの制作動画を紹介します。普通のハンドメイド動画とは一線を画しているので、要チェックです!

材料はダンボール!?

小芊枫 XiaoQianFeng紙でできたショルダーバッグ

こちらは、中国で暮らす小芊枫(シャオ・チェンフォン)さんが、ショルダーバッグを作成している動画です。

ショルダーバッグといえば、布や革、ナイロンで出来たものが一般的ですが、動画で使用される素材は何と「ダンボール」!

てっきり、ダンボールにペンで線を引いて、カッターで切り出して組み立てて作成すると思っていたのですが、ダンボールを小さくちぎり、水につけていくんです。

柔らかくなったら更に小さく潰していき、最終的にはすり鉢に小さくなったダンボールを入れて、すり潰していきます。そうすると、ダンボールがまるで泥のように変化していきます。

屋外で作業しているので、背景には、木々や畑などののどかな風景。もくもくと作業にはげむシャオさん。のんびりとした時間が流れています。

泥のようになったダンボールを乾燥させたら、のりを混ぜて棒で平らにしていき、もう一度乾燥させます。

乾燥させたら、ついにショルダーバッグの生地の出来上がり。生地作りから、ようやくバッグ作りへと移行していきます。

作成した生地から型紙通りに切り取ったら、のりで青い布を貼り付けて、乾燥させます。それぞれの生地を、フォークのような見た目の「菱目打ち(ひしめうち)」と呼ばれるツールを使い、糸で縫い合わせていくための穴をあけます。

バッグの表面にくる部分に、シンデレラに出てくるようなデザインの馬車を飾り付け、更にラインストーンなどで装飾していきます。

動画の最後には、実際にバッグを身に着けてお散歩をしに出かけます。中国の自然いっぱいの景色の中で、おしゃれなショルダーバッグがきらきらと輝いているのが目立ちます。

生地がある状態から作品を作るのも大変ですが、ダンボールから生地を作るというのは、膨大な時間と手間がかかると予想されます。

ドキュメンタリー番組で1時間くらいかけて見る内容を、動画では、その一連の工程が15分程度で見ることが出来てしまいます。

シャオさんのチャンネルは、「家族のため」「兄弟のため」「ペットのため」「自分自身のため」のように再生リストが分けられています。

母の日のプレゼントにカゴを編んで、お花やお手紙などを入れたものをプレゼントしたり、弟の誕生日プレゼントに「着用出来るロボット」を作ったりしています。全てのクオリティが高く丁寧に作られているので、見ていて心が洗われます。

まとめ

今回は、シャオさんのチャンネル、「小芊枫 XiaoQianFeng」に投稿された、ダンボールからショルダーバッグを作成している動画を紹介しました。

ダンボールの形状を利用せずに、ダンボールで物を作る動画はなかなかありません。みなさんの中にダンボールをすりつぶして作品を作る方がいたら、(個人でやっている方はなかなかいないとは思いますが…)ぜひYouTubeに動画を投稿して下さい!

タイトルとURLをコピーしました