【工場見学】見ているだけで楽しめます♪ポテチにマリーチョコレート、ポッキー!

YouTube

車や食品、家電や衣類など、世の中にある多くのものは、工場で作られています。

工場で商品の制作過程を見せてもらう「工場見学」。学校の授業の一環や、テレビで流れた映像などで見たことがある方もいるかもしれません。

工場に見学をしに行くためには、自由見学の工場でない限り、突然押しかけたりしてはいけません。工場見学を受け付けている企業であれば、電話やホームページなどから予約が必要です。

とはいえ、工場が近くになかったり、見学したい工場の予約が何ヶ月も先だったりと、興味はあってもなかなか行くことが出来ないですよね。

YouTubeには、工場見学の様子を動画にして、アップロードしている方がいます。個人や企業など、規模は様々ですが、今回は企業公式のチャンネルの動画のみをピックアップしました。

みなさんも、家に居ながらにして工場見学を楽しんでみませんか?

ポテトチップス

Calbee カルビー公式チャンネル工場見学 THE MOVIE

こちらの動画では、カルビーの工場で、ポテトチップスを製造している様子を見ることが出来ます。

大量のじゃがいもが機械で洗浄されて皮をむかれ、人の手によるトリミング(じゃがいもの芽や悪くなったところの切除)の工程の後、再度機械によってスライスされ、揚げられた後、味付けを経て包装されます。

何と、カルビーは全国のじゃがいも農家さんの、約2,000軒と契約をしているそうです。全国においしいポテトチップスを供給出来るのは、多くの農家さんの支えがあってこそなのですね。

ポテトチップスの袋には、「じゃがいも丸ごと!プロフィール」という文字とともに、QRコードが印刷されています。これは、手元にあるポテトチップスが、どこで作られたのか、そして誰が作ったのかということが分かります。

実際に利用してみると、都道府県と大まかな地域、その地域でじゃがいもの製造をしている契約農家さんの名前を、一覧で見ることが出来ます。

各地の契約農家さんから納品されたじゃがいもは、複数の品種があることや、土地の状態などにより、成分の含有量が異なります。

ポテトチップスの厚さは、その日にスライスするじゃがいものデンプンの含有量で決まります。デンプンの含有量によって食感が変わるため、人の手でデンプンの量がチェックされています。

徹底した品質管理に、感服させられますね。

通常の工場見学は、北海道千歳(ちとせ)市、栃木県宇都宮(うつのみや)市、広島県廿日市(はつかいち)市の3つの場所で行われています。ポテトチップスの工場見学は、製造を行っている北海道工場でのみ可能です。

オンライン工場見学予約案内ページ
https://www.calbee.co.jp/factory/hokkaido/

現在(2020年12月3日)はコロナの影響で工場見学は中止しています。予約が必要ですが、北海道工場のみ、Zoomアプリを使ったオンラインによる工場見学を行っています

オンラインによる工場見学は、ポテトチップスが出来るまでの映像を、あらかじめ撮ったものに、見学日当日に、生音声を付けて解説してくれるというものです。生産ラインなどが事情により止まっていたりしなければ、生中継もあるとのことです。

ファンシーチョコレート

メリーチョコレート70周年記念 メリーチョコレート バーチャル工場見学

こちらの動画では、メリーチョコレートの工場で、ファンシーチョコレートと、季節のショコラを作っているところを見ることが出来ます。

メリーチョコレートの商品は、バレンタインデーの時期になると、大型スーパーの催事コーナーに必ずと言っていいほど並びます。

1口サイズで様々な味が楽しめることや、個数にバリエーションがあることが人気の理由でしょう。

型につめられたチョコレートがコンベアで流されていき、チョコレートでコーティングされたり、デコレーションされたり、トッピングや、チョコレートの表面への模様の転写などを経て、箱詰めされ、出荷されます。

箱詰めされた後にコンベアで流れている様子は、さながら宝石箱の様にキラキラしています

季節のショコラは、ほとんどの工程を人が担当していて、仕上げにチョコレートの上に四季をイメージした装飾を施している様子は、目が離せないほど繊細な作業です。

メリーチョコレートでは残念ながら工場見学は行っていませんが、2020年の10月に創業70周年を迎えたため、工場でのチョコレートの制作過程を動画にすることにしたのです。こうしてYouTubeで工場の様子を見ることが出来るだけでありがたいですね。

ポッキー

Glico Japan江崎グリコ 公式Pocky Factory Tour(glico)

こちらの動画では、グリコの工場で、ポッキーを製造しているところを見ることが出来ます。実際にポッキーの音を使っているという軽快なBGMと共にお楽しみ下さい。

ポッキーの軸になる部分の生地が機械で押し出され、細長く成型されたら、カット・焼成を行い、チョコレートを付けて、品質に問題がないことを確認したら、袋詰め・箱詰めを経て出荷されます。

動画を見ていると、機械による製造工程がメインで映されていますが、人の手が実際どのくらい使われるのかも気になりますね。

赤い箱がきれいに並んで移動していくのを見ているだけで楽しくなります。

生地をカットするところや、チョコレートをかけるところなど、見てみたい部分が省略されているのが残念ですが、グリコの工場は、工場見学を受付けているので、今回この動画で見れなかった部分も見ることが出来ます。

予約必須ですが、工場見学は、千葉県野田市、埼玉県北本市、兵庫県神戸市の工場で行っています。ポッキーの製造工程を見学したい場合、埼玉県の工場と、兵庫県の工場でのみ行っています。

オンライン工場見学予約案内ページ
埼玉県野田市の工場
https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/east/agreement/
兵庫県神戸市の工場
https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/kobe/agreement/

まとめ

工場見学は、整然と並ぶ機械に運ばれる、食材やパーツをじっと眺めているだけでも面白いですが、企業の思いやこだわりなどを知ることが出来るので、とてもいい勉強になります。

工場が遠くて、行きたくても行けなかった方など、インターネットを介して工場の様子を知ることが出来るので、ぜひチェックしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました