【リメイク】YouTube動画紹介

YouTube

タイトルの”リメイク“とは、英語の”remake”から来ており、「作り直す」ことを指します。
映画などの映像系、音楽、ファッションなど、「リメイク」は広く使われる言葉です。

YouTubeでは、様々な材料を使って、リメイク作品を制作している動画をアップロードしている人が数多くいます。
今回はリメイク作品を制作している動画を紹介していきます。

T[てぃー] handmade


T[てぃー] handmade【ダイソー購入品リメイク】抱き枕の作り方!

こちらは、ハンドメイド好きな男性が運営しているチャンネルです。ポーチや財布、マスクなど、様々な作品を作っています。

動画では、ダイソーで購入したネコの柄のダイカットコットンマットを使って、抱き枕を作成しています。

ダイカット
今回の場合、マットがネコの形にカットされています。このように、何かの形に沿ってカットされたものをダイカットと呼びます。

実際に作業風景や手元を映しながら解説しているので、とても分かりやすいです。綿を袋から開封すると、綿が広がって机から溢れてしまうのはよくあることなので、袋の角だけ切って、ちょっとずつ出すと良いですよ。

用意するものも、ネコの柄のマット、黒い布、綿のみなので、手軽に作れると思います。黒い布じゃなくても、柄の付いた布や、使わなくなったハンカチや、はぎれなどで作っても良いですね。

ミシンで作成していますが、手縫いでも制作は可能なので、家にミシンがない方でも作れそうです。その場合は、表面の布と裏面の布がずれてしまわないように、まち針や洗濯バサミなどでとめておくことをオススメします。

手芸部hanaco [handicraft]


手芸部hanaco [handicraft]家庭用ミシンで作るデニムリメイクバッグ

こちらは不要になったジーンズを、バッグにリメイクしています。ミシンで縫うことで、ジーンズが立派なバッグに変身しています。

手元を映しながら動画が進んでいきます。解説のためにしゃべったりはしていませんが、どこをどのくらい縫うのかなど、文字で表記しているので、実際にジーンズ生地からバッグをリメイクする際に、参考になると思います。

用意するものは、ジーンズと、バッグの内側にくる生地、持ち手を補強する皮です。型紙は、動画の概要欄からダウンロードできるようになっています。

ジーンズの背面に付いているポケットを利用して、バッグの外面に付けています。好きな位置に付けることができるので、2つ付けてもいいですし、付けないこともできます。

ポケットなので物を入れることも出来ますが、誤って中に入れた物を落としてしまう可能性があるので、飾りくらいに思っておいたほうが良いでしょう。

ミシンで縫うために、まち針で沢山固定していますので、手に刺さらないように注意が必要です。縫い合わせた後に、ひっくり返す瞬間がわくわくしますね。

底面がちゃんとあるので、ペットボトルなどの大きめのものも入りますし、とても便利そうです。レジ袋が有料のところも多いので、形を変えてエコバッグにしても良いですね。

ぽちぽちチャンネル/Pochi pochi channel


ぽちぽちチャンネル/Pochi pochi channel【プチプラなコスメポーチの中身をリメイク】キャンメイク・フィニッシュパウダーを夢いっぱいピンクのコンパクトへリメイク/【UV resin】Remake of pink powder compact

CANMAKE(キャンメイク)という、日本のプチプラコスメブランドのフィニッシュパウダーのケースをリメイクしています。こちらのチャンネルでは、コスメのパッケージのリメイク動画や、アクセサリーやスマホケースなどの制作動画をアップロードしています。

フィニッシュパウダー
メイクの仕上げに顔にぬるパウダーのことです。フェイスパウダーとも呼ばれます。
CANMAKEのフィニッシュパウダーは、キラキラしているため、顔色が明るくなりツヤ感が良いと話題です。

最初のままでも充分可愛いパッケージですが、このように化粧品のパッケージを自分好みにリメイクすることで、自分らしさを出したり、他の人と同じものを使っていても差を付けることができます。

うっかり他の人のコスメと混ざってしまっても、リメイクしていることで自分のものが分かりやすいという利点もありますね。

必要なものは、CANMAKEのフィニッシュパウダーのパッケージ、透かしパーツ、ラインストーンのチェーン、ボールチェーン、接着剤、フェアリーダストパウダー、好きな色のレジン液、エンボスヒーター、UVライトです。

化粧品のパッケージは自分の好きなもので良いと思いますが、こちらのフィニッシュパウダーは、パウダーがなくなったらフタだけ残して、取り替えることができるので、リメイクしたものを捨てずに済むのが良い点かなと思います。

エンボスヒーターは気泡を取り除くのに便利ですが、ない場合は爪楊枝などで気泡を取り除くことも可能です。UVライトは、硬化するのに時間はかかってしまいますが、日光に当てれば硬化するので、なくても大丈夫です。

nuimono lab.


nuimono lab.【お菓子パッケージのリメイクポーチ!】作り方 100均材料でできて超簡単&かわいい&おもしろい💕 How to make a remake pouch for a candy package

こちらの動画では、様々なお菓子のパッケージをポーチにリメイクしています。ちゃんとファスナーも付いているので、中身がこぼれ落ちることはありません。マチもあるので、より多くのものが入るようになっています。

マチ
紙袋のように、底面や側面が広げられる、厚みの部分のこと。側面にしかマチがない形状の袋もありますが、今回のお菓子の袋で作るポーチは、底面・側面どちらにもマチがあります。

必要なものは、ポーチにしたいお菓子の袋、ファスナー、窓用目隠しシート、マスキングテープ(またはセロハンテープ)、スケッパー、ローラー、クリップです。

スケッパー
パン作りや、お菓子作りをする時に使われます。
ここでは、お菓子のパッケージに窓用目隠しシートを貼る時に、空気が入らないようにするために使用しています。ローラーの使用用途も同様です。

CanDoとSeriaは同じ窓用目隠しシートが売っていたようで、こちらのシートは薄手で、ポーチとしてのなじみがいいものの、お菓子のパッケージからシートがぽこぽこと浮き上がってしまうようです。

DAISOの窓用目隠しシートは、粘着力が高く、お菓子のパッケージとシートがぴったりくっつきますが、ごわごわと固いポーチになってしまうようです。

それぞれに一長一短あるので、好きな方を選ぶか、他の場所から買うのもありですね。

賞味期限や成分表、バーコードなどをポーチの柄にしたくない場合は、同じお菓子の袋を2つ用意している場合もあるようです。ミシンで縫うので、本格的なオリジナルポーチが作れます。

Koimi DIYの部屋


Koimi DIYの部屋【マスクケースDIY】紙袋リメイク!スターバックス紙袋で作る仮置きマスクケース・銅テープで抗菌作用!!How to make a mask case

こちらは、コーヒー店の紙袋を使ってマスクケースにリメイクしています。ポケットが2つあり、新しいマスクや、お手拭きなど、好きなものを入れておけます。付けていたマスクをひっかけることもできるようになっています。

動画では、画面に文字を表示して、工程を説明しているので、分かりやすいです。

飲食店に出かけた時、マスクの置き場に困るケースが多いと思います。膝の上に置いたり、かばんの上に置いたり…。決して衛生的にいいとは言えませんよね。そんな時、マスクケースに入れておくことができれば安心です。

必要なものは、好きな柄の紙袋、両面テープ、ひっかき傷防止シート、ワンタッチホック、きり(穴が開けられればなんでもOK)、銅箔テープです。

銅箔テープ
銅箔(どうはく)テープは、Amazonなどで手に入れることができます。共同で使われるドアノブなどに貼るテープです。
銅に抗菌作用があるため、動画ではケースの内側に銅箔テープを貼り付けています。
薄いので破けやすく、貼る時には注意が必要です。

ワンタッチホックは、専用の道具がなくても、カッターなどで軽く穴を開けたら簡単に付けることができます。

まとめ

着られなくなった服やお菓子のパッケージなどは、気に入っていても捨ててしまうことが多いですが、このようにバッグやポーチなどに生まれ変わらせることができたら、オリジナル性もありますし、作るのも楽しいですよね。

YouTubeには、まだまだリメイクの動画は沢山あります。特に、衣類をリメイクしている動画が多かったので、着られなくなって捨てようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました